MHW:Iceborne攻略

【MHWI】ムフェト高速2周クリアのやり方と注意点【アイスボーン】

投稿日:

赤龍ムフェト・ジーヴァの体力の仕組みが解明されたから攻略法を整理してみた。
YouTubeで動画を投稿している @(あっと) さんの生放送アーカイブの内容を参考にしているよ。

@さんのYouTubeチャンネル『皆で一緒にモンハンライフ』の動画はこちら。
動画で紹介されているのは@さん自身が考案したやり方で、大筋はこのページの内容と同じだけど異なる部分もある。

このページが完成したのは@さんの生放送アーカイブと解説動画のおかげです。
どのゲームでも検証勢の皆さんには頭が下がります。

気になった人は他の動画も見てみるといいよ。

さて、本題に入ろう。
ここで紹介するやり方は@さんが考案したものと同一内容ではないから気を付けてね。

前提条件

野良集会所で実践することは想定外だよ。
やり方を理解している人同士でのみ成立すると考えてほしい。

推奨プレイヤー数:8人以上
武器種:指定なし
あると便利なもの:破壊王Lv3、拘束手段(滑空の装衣など)

1周討伐との違い

2周討伐は楽ができる。
難易度が1周討伐と比べて大きく下がるよ。

1周討伐で時間切れを防ぐには技量の高いプレイヤーを集めないといけない。
3落ち失敗のリスクも高い。
(仕組みは解明されていないけど岩なし即死攻撃の頻度が上がるとされている)

2周討伐はエリア1と2で戦ったら一旦帰還する。
それまでに使った状態異常の耐性は元に戻る。
つまりエリア2と3のどちらでも拘束と龍封力に頼ることができる。
力尽きた回数も0になる。

さらにエリア1と2のエネルギーを枯渇させる任務項目を達成できる。
これは部位破壊がうまくいかなかったときの保険になる。
(エネルギー満タンのクエストで討伐までいくと条件を満たせない)

おおまかな流れ

討伐にかかる時間はロードも含めて20~30分くらい。
当然ながら参加者の手際の良さに左右されるよ。

エリア1は地形トラップが最優先。
後脚と翼を狙って怯ませる。
エリア2は拘束してダメージを稼ぐ。
龍封力を使うとエネルギー枯渇が早まる。
エリア3に追い込んだらすぐに帰還する。

最初に帰還したパーティーは少し待機。
エリア1・2のエネルギーが枯渇したらクエストに出発する。
(2組目のパーティーが帰還したら枯渇するはず)

2クエスト目は短時間でエリア3まで行ける。
エリア3に来たら龍封力が有効。
エネルギーを枯渇させて討伐してクリア。

初戦エリア1

落石を発動させるためのスリンガー弾を用意しておこう。

ここでの目的は地形トラップを利用してエネルギーを枯渇させること。

エリア1のムフェト・ジーヴァはほとんど自発的に歩かない。
怯ませて地形トラップまで押し込もう。

ムフェト・ジーヴァは右半身に攻撃を受けると左によろめく。
左半身を狙えば右によろめく。
(真後ろに後退することもあるけど条件は不明)

後脚と翼は怯みが起きやすい。
必ず全員で右か左に集中攻撃することが大切だよ。

弓使いの人へ。
後脚か翼に爆破ビンを撃ち込むと簡単に怯みを起こせる。
滑空の装衣に爆破ビン追加の装飾品を付けておくのがおすすめ。

ムフェト・ジーヴァのエリア移動フラグが立つと「エリアのエネルギーが枯渇した」という旨のメッセージが出る。
ダメージを少し与えると実際に移動し始める。
毒状態にしておくとエリア移動中にダメージを与え続けられる。
毒にするのが初めてなら毒けむり玉2つで発動できるよ。

注意点

気絶ダウンや乗りで拘束してもエネルギーは減らず、攻略の妨げになる。
怯ませて地形トラップに押し込むことを第一に考えよう。

頭や尻尾は左右片面を狙うのが難しいから非推奨。
ダメージを与えるなら地形トラップで拘束している間にしよう。

前脚は狙いやすいけど怯みが起きにくいから非推奨。
近接武器はエリア1では後脚に狙いを絞ったほうがいい。
(全員が切断系統だった場合、前脚と後脚のどちらが早いかは未検証)

爆破属性は短時間のうちに何度も発動するから耐性の上昇も早い。
3~4回爆破できたら使用を止めるのが効果的だよ。

龍属性武器を使うとエリア2での龍封力の効き目が低下する。

初戦エリア2

ここでの目的はダメージを稼ぐこと。

ムフェト・ジーヴァが怒り状態になるとプレイヤー1人が敵視の対象になる。
ゲーム内のTipsによれば、敵視されたプレイヤーがダメージを与え続けるとエネルギーの消費が早まる。

拘束して攻撃すれば敵視は簡単に維持できる。
全員で協力して気絶ダウンや乗りを狙おう。
滑空の装衣があれば段差の近くにいなくてもクラッチ解除からジャンプ攻撃を出せる。

龍属性武器を使うと龍封力の効果でエネルギーを減らせる。
龍封力が「中」の武器を使うときは龍封力強化の装飾品を付けるのがおすすめ。

エリア2からムフェト・ジーヴァが移動したら集会エリアに帰還する。

注意点

敵視されているプレイヤーが乗りを狙うのは危険を伴う。
頭部クラッチからのぶっ飛ばしで敵視を交代できるから、拘束手段のなくなった人が敵視を引き受けるのが望ましい。

敵視が切れた直後にぶっ飛ばしをすると敵視を再発動できることがある?
ただし非怒り時にぶっ飛ばしをしても効果はない。

エリア2以降は攻撃力の高い拘束攻撃と全体即死攻撃に気を付けよう。

拘束攻撃はムフェト・ジーヴァの右前脚(向かって左)のほうに逃げると回避しやすい。
味方が捕まったときはブレスが発射されるまで待って生命の大粉塵を使おう。
一旦体力が0になっても問題なく救出できる。
ムフェト・ジーヴァの着地地点には風圧が発生するから注意。

即死攻撃は2回使ってくる。
石柱から離れすぎないようにしよう。

討伐戦エリア1・2

集会エリアでエネルギー枯渇を確認したらクエストに出発しよう。

可能であれば1クエスト目と同じメンバーと組もう。
パーティーメンバーの任務達成状況が同じなら1クエスト目で達成した部位破壊を再度狙わずに済む。

2クエスト目ではエネルギー回収行動を行わずにエリア移動が起きる。
エリア3に移動するまでダメージを与え続けよう。

ここでも毒けむり玉が有効。
ただし毒ダメージは部位破壊に貢献しないから使わなくてもいい。

注意点

クエストを受注しなおしたことで状態異常耐性などは元通りになっている。
このままエリア3まで麻痺や乗りを温存しておくと楽に戦える。
エリア1・2の移動に必要なダメージはさほど多くないから拘束せずに進めたい。

龍封力も同様にエリア3から使い始めるのが最も効果的。

討伐戦エリア3

敵視を維持してエネルギーを消費させよう。
龍封力でもエネルギーを減らせる。

エリア2と同様に拘束しながら攻撃していこう。
特に臨界状態は与えるダメージが増えるから拘束して一気に部位破壊を進めたい。

エリアのエネルギーが枯渇した後はムフェト・ジーヴァ本体の体力を削りきるだけ。
引き続き拘束しながらダメージを与えよう。

なお、1クエスト目で達成済みの任務項目は2クエスト目で狙う意味わなくていい。

注意点

地形トラップのガスは偶数回の怯みで長いダウンが発生する。
あまり強くはないから無理に狙う必要はない。

敵視をとりながら誘導すると物凄い速さで駆け寄ってくることがある。
他のプレイヤーを置き去りにしたままダウンさせないように注意。

臨界状態では広範囲の連鎖爆発攻撃が追加される。
前脚を振り上げて地面に付け、一拍置いて突き刺す動作が目印。
最初にムフェト・ジーヴァ本体に接触すると1回目の爆発には当たらなくなる。
接触できなかったときは少し距離を取ろう。
爆発の端で待機し、次の爆発が起きるのと同時に中心に向かって動けば回避できる。
もし間に合うなら緊急回避でもいい。
ガードする場合はムフェト・ジーヴァの胴体に背を向ければ連続ヒットを予防できる。

即死攻撃は素早く対応すればモドリ玉で回避できる。
納刀が間に合わない武器種はスリンガー閃光弾や爆発弾を装填していれば妨害可能。
これらの行動は飛び上がって青いエネルギーを吐き出し始めるまで有効。

即死攻撃を妨害すると、岩落とし行動をした後で即死攻撃に移ることがある。
岩がないときは閃光弾を使えば助かるかもしれない。
すぐに飛んで即死攻撃することもあるからモドリ玉の用意も忘れずに。

解説終わり。

ではまた!

-MHW:Iceborne攻略
-

Copyright© edahaNOTE ゲーム攻略 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

Secured By miniOrange