ちょっぴり濃いめのゲーム情報を届けます。

ゲーム攻略edahaNOTE

MH:World攻略

[MHW] 自分はどのタイプ?片手剣のおすすめスキルを3タイプに分けて紹介!

更新日:

片手剣使ってますかー!

今回は「使い方はわかってきたけどスキル選びで迷いがち…」という方向けに、片手剣のおすすめスキルを紹介・解説します。

片手剣の経験が浅くて立ち回りに自信がない方はこちらの記事を読んでまずは斬撃主体を目指しましょう。

片手剣は立ち回りの幅が広いので、戦い方を大きく3つに分けて考えていきましょう。

斬撃特化向けスキル

斬撃を重視する立ち回りは手数の多さが特徴です。
おすすめスキルは以下の通り。

  • ○属性攻撃強化
  • 砥石使用高速化
  • ひるみ軽減

まず相性が良いのは火属性攻撃強化爆破属性強化といった、武器の属性や状態異常を強化するスキルです。

火・水・雷・氷・龍属性を強化する装飾品は、マカ錬金で指定生成することができます。
何のスキルを付けようか迷ったらとりあえず属性を伸ばしましょう。

注意点として、MHWorldではスキルによる属性値の引き上げに上限があります。
武器の元々の属性値が低いほど、伸びしろも小さく設定されています。

近接武器には斬れ味補助スキルが付き物です。
斬撃に特化させた片手剣は斬れ味消費が激しく、砥石の使用頻度が高くなります。

よって効果的な斬れ味補助スキルは砥石使用高速化剛刃研磨になります。

砥石使用高速化や剛刃研磨の装飾品がない場合は上位のオドガロン防具を利用しましょう。

会心率100%を狙える装備構成で達人芸を発動させるという手もあります。

ひるみ軽減はマルチプレイ向きのスキルです。

片手剣を斬撃主体で運用する場合、のけぞり無効効果を持たないコンボをよく使うことになります。
ひるみ軽減Lv1があると味方と同じ位置で攻撃しやすくなります。

ただし、このスキルを付けられるようになる時期はかなり遅いので、それまでは技の選択を工夫するしかありません。

片手剣は突進斬りを使うことでその後のコンボに一定時間のけぞり無効が付与されます。
突進斬りはバックステップを使えばコンボに組み込むことができます。

あるいは味方と重ならない位置取りを心がけるのもひとつの手です。

おすすめというほどではありませんが、回避性能も斬撃タイプの片手剣と相性の良いスキルです。
理由は攻撃の隙が小さくて咄嗟の回避に向いているため。

耳栓や耐震の代わりに回避性能を選択できるのは隙が少ない武器種の特権です。

盾攻撃向けスキル

こちらは盾攻撃、つまり溜め斬りからのフォールバッシュを積極的に狙う立ち回りのおすすめスキルです。

  • 耳栓
  • 攻撃

耳栓は動作の長いコンボ全般と相性が良いスキルです。
迷ったらとりあえず付けるが吉。

フォールバッシュや○コンボのハードバッシュといった盾の攻撃は、武器の属性が発揮されません。

属性を強化するスキルの効き目は薄いので、火力補助スキルは物理面を重視しましょう。

具体的には攻撃挑戦者など。

ボルボロス片手剣など、属性を持たない武器を使う場合は無属性強化で攻撃力を大きく上げられます。

斬れ味の段階も物理ダメージに大きく影響します。
武器によってはでダメージを底上げできます。
イビルジョー片手剣などが好相性です。

使う武器の斬れ味に合った斬れ味補助スキルを付けておくこともお忘れなく。

味方支援向けスキル

張り付き続けるのが苦手で、味方の支援に重きを置きたい方向けのおすすめスキルです。

  • 広域+キノコ大好き

広域を発動させるとステータスの強化、強走効果の付与、状態異常の治癒など多彩な補助ができるようになります。

広域の対象になるのは飲み食いして使用するアイテムです。
秘薬、いにしえの秘薬、マンドラゴラは例外的に対象外ですが、それ以外はすべて広域化されます。

鬼人薬(ニトロダケ)、怪力の種、怪力の粉塵は併用できるので一通り持ってきましょう。
ネコ飯の攻撃力アップ効果と干渉することもありません。

使う機会は少ないと思いますが、鬼人薬グレートは鬼人薬と併用できず、効果の小さいほうが無効化されます。

また、怪力の種と鬼人の丸薬も併用不可能で、先に使っていたほうの効力が失われます。

持続時間は、怪力の種と粉塵は3分間で鬼人の丸薬は20秒間です。
鬼人薬は力尽きるまで持続します。

キノコ大好きLv3を付けている場合、回復薬・活力剤・鬼人薬・硬化薬・強走薬・秘薬を各種キノコで代用できます。
アイテムの調達が楽になるうえに、使用速度もキノコのほうが速いため非常に便利です。

回復薬グレートやウチケシの実なども広域化の対象になります。
ですが本当に危ない場面ではスリンガー閃光弾やはじけクルミなどで安全を確保してあげるほうが回復よりも効果的です。

なお、アイテム使用強化スキルや体力回復量UPスキルはスキル発動者だけが恩恵を受けるスキルです。
広域と合わせて使う必要性はありません。

ちなみに突進斬りに続けてアイテム操作をすると、のけぞり無効状態でアイテムを使用できます。
モンスターの足元に罠や煙筒を設置するときに便利です。

ここで紹介したのはあくまで基本の話ですので、想定する条件によって優先順位は変わってきます。
支援タイプも麻痺・罠・気絶ダウンで拘束することに注力する型とかありますし。

人それぞれ考え方は違って当たり前ですので、ぜひ思いつくままに色々試してみてください。

ではまた!

-MH:World攻略
-,

Copyright© ゲーム攻略edahaNOTE , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

Secured By miniOrange